ヤフー本体カードを在籍確認なしで発行する方法

インターネットの検索をする際に、大抵の方はGoogleで検索するか、ヤフーで検索するでしょう。
実は、ヤフーと呼ばれるYAHOO!JAPANは、クレジットカードを発行しており、Tポイントなどが付いてお得に使えるサービスがあるのです。
今回は、そんなヤフーカードをお得に利用いただくために、クレジットカードの申し込みで気になる「在籍確認」についてや、審査基準、すぐに発行する方法などをご紹介していきます。

ヤフー本体カードの在籍確認はあるのか?

ヤフーカードに申し込みをした場合、在籍確認はあるのでしょうか?
ヤフーが公式に発表している申し込みの流れを見ていくと、以下のようになっています。

1.Yahoo! JAPAN IDを取得
2.申し込みフォームに必要な項目を入力
3.審査完了
4.カードを受け取る
5.カード券面に署名
6.利用手続きとYahoo!ウォレットへの登録

このように、申し込みフォームから必要事項を入力し、待っているだけで審査結果が出るようです。
この公式サイトには、会社への在籍確認などの有無は記載されていませんが、他の方の申し込み状況などを見てみると、在籍確認される場合もあるようです。

在籍確認の有無については、カード会社が基準を決めており、「在籍確認が必要だ」と判断された方のみ行われるケースが多く、ヤフーカードも例外ではなく、在籍確認が必要だと判断された場合のみ、在籍確認の連絡がいくようです。

ただし、その対象となるケースは全体のわずかひと握りほどの方となるため、通常は在籍確認の心配をすることはなさそうです。

一般カードと比較をしてみても、ヤフーカードだから在籍確認がある・ないということではなく、クレジットカード会社のほとんどは同じようなケースで在籍確認を行うようです。

在籍確認がある人の特徴

在籍確認がある人の特徴としては、以下のような人が対象になるケースがあるようです。
・クレジットカードを別会社でつくり、その時から会社が変わった場合
・過去にクレジットカードを利用して返済が滞るなどをした場合
・勤続年数が短い人

あくまでも例としてですが、上記のようなケースの場合には、在籍確認される場合があるようです。

カード会社が在籍確認をする理由とは?
カード会社が在籍確認をする理由は一体何なのでしょうか。
在籍確認は、クレジットカード会社がカード申込者の本人確認のために勤務先へ連絡をし、申込者本人が本当に勤めているのかを確認するものです。
在籍確認をする理由としては、以下の事が挙げられます。
・架空の会社を書いていないか確認するため
・会社に勤めているか確認するため
・偽りの連絡先になっていないか確認するため

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

・架空の会社を書いていないか確認するため
何らかの理由で、本当の会社にはバレてほしくない・会社のことを知ってほしくない・後ろめたいなどの気持ちから、実際には勤めていない架空の会社を記載する人がいるようです。
そのようなことが無いように、会社に連絡をし、その会社が本当にあるのかを確認するために連絡をしています。

・会社に勤めているか確認するため
実は退職したばかりでお金が無くて困っている・働いていないので生活費を借りたいといった理由で、クレジットカードに申込をする方も少なくないでしょう。
そのような方が、本当は会社に勤めていないのに、会社に勤めているように虚偽の記載をしているのを防ぐために確認が行われています。

・偽りの連絡先になっていないか確認するため
会社には実際に勤めていて、会社も存在するが、連絡をしてほしくないため虚偽の電話番号を記載しているケースを防ぐために確認が行われます。
一般的なクレジットカード会社の中には、クレジットカードで返済が滞り、申込者本人と連絡が取れなくなってしまった場合、会社に連絡して返済を促すカード会社もあります。
そのような場合でもしっかり連絡が取れるかどうかの確認でもあります。

また、身元確認をされやすい固定電話番号などをカード申し込みの際に記入すると、在籍確認をされる可能性が高いようです。

ヤフー本体カードの審査基準

ヤフーカードの審査基準はどのようなものがあるのでしょうか。
まずは、申し込みに必要な条件を見ていきましょう。
・YAHOO!JAPAN IDの取得
・18歳以上で安定した継続収入がある方
・配偶者に収入がある方
・高校生以外の学生
このように、申し込みの基準は比較的低いと言えるでしょう。
アルバイトやパートの方でも作りやすく、学生でも作れるため、一般的なクレジットカード会社のカードと比べても審査基準は低いと考えられるでしょう。

審査基準についてはどうでしょうか。

申し込みの流れから見ても、ウェブ上での申込者情報の入力のみとなっているため、審査基準は一般的なクレジットカード会社よりもハードルが低いと考えてよいでしょう。通常は申し込みの際に書面の記載や本人確認のための電話などが入ったりしますが、ヤフーカードではウェブ上で申し込みをした後、メールで完了通知がくるため、電話で受け付けの方と話すことも無いようです。
ただし、他の借り入れや支払いの滞納などがあるとヤフーカードのみならず、他のクレジットカード会社の審査も通り辛くなるのが一般的ですので、今の借り入れや滞納がある場合にはすぐに返済しておくと良いでしょう。

また、カードが発行された場合には、受取人確認配達サービスによりカードを受け取るため、本人確認が必要となります。

本日中にヤフー本体カード発行をしたい方

すぐにでもヤフーカードを発行したいという方は、まずはウェブ上からの申し込みが必要となります。
ヤフーカードへの申し込みには、YAHOO!JAPAN IDの登録が必要となりますが、全て無料でウェブ上から登録することができ、カードへの申し込みも名前や住所の入力などをウェブ上からするだけで最短で2分で審査完了することが出来ます。
審査が完了した後は、登録したメールに審査結果が届き、その後1週間から10日程度でカードが届きます。
その際、受け取る時には本人確認が別途必要となるため、本人確認書類を用意しておくと良いでしょう。

本体カードの在籍確認をなくす方法

ヤフーカードの申し込み時に、出来るだけ在籍確認をしてほしくない方や、審査に時間を掛けたくないという方は、ヤフーカードの自動審査がおすすめです。
一般的なカードと比べ、ヤフーカードは申込時の審査基準が低いと言われており、申込者の大半は審査に通っているようです。
その申し込み方法として、「自動審査」というものがあり、これはコンピューターが一定の審査基準に基づいて審査を行い、すぐに審査結果を出すもので、ウェブ上から申し込みすることができ、時間も短く在籍確認をされることもほとんどないようです。
最短2分で結果が出て、受付の方と話すことも無いため、ストレスなく申し込みを進めることが可能です。
審査や在籍確認をしたくない方は、かなり早く審査が通るヤフーカードの自動審査がおすすめです。

ヤフーカードの自動審査はこちら

これからクレジットカードを作りたいと思っている方で、在籍確認や審査などが心配な方、または今すぐにでもカードを発行したいという方はヤフーカードがおすすめです。
ヤフーカードは「審査基準が低い」「在籍確認がない場合がある」「最短で2分で審査完了」「1週間から10日でカードが届く」といったメリットが沢山あります。
ヤフーカードへのお申し込みは、ウェブ上から申し込みが出来る自動審査で是非行ってください。

Yahoo!Japan etcカード >


Yahoo!Japan本体カード 本体カード

Yahoo!Japan etcカード etcカード
年会費 年会費
無料 500円
還元率 還元率
1.0% 1.0%
発行日数 発行日数
即日発行(最短2分審査) 最短5営業日
おすすめポイント

本体カードの申し込みは無料。最短5営業日で本体カードとetcカードが手元に届きます。ポイント還元率が1.0%で、通常のカードよりお得!さらにTカードも一体型でtポイントも貯まるなど、特典が一杯なので持っていて損はないカードです。

今なら入会キャンペーン中!カード発行で最大10,000円分のポイントプレゼント!

お申し込みはこちら >

■こちらの記事もチェックされています
エポス本体カードを在籍確認なしで発行する方法



【当サイトおすすめ即日ETCカード!】
今日中に発行できるETCカード!
今なら最大10000円相当のポイントプレゼント中!年会費・発行手数料が完全無料のetcカードはこちら←


関連コンテンツ
◼︎etcカードを今日中に追加発行する方法
◼︎新会社でも作れるetc法人カードを今すぐ発行したい方
◼︎etcカードの審査について
◼︎審査がないetcパーソナルカードの申込みについて