etcカードを今日中に追加発行する方法


即日発行に対応したetcカードとは?

etcカードの申し込みから発行までの時間と、本体クレジットカードの発行までの時間は基本的には異なります。

申し込みの条件が合えば、本日中に発行できるクレジットカードを発行し、同時にetcカードを追加申し込みすれば発行手続きが出来ます。

急に車の使用を求められたり、運転をする突然の事態に遭遇した方は、できるだけ早くetcカードを発行する方法を検討していきましょう。

即日発行に対応したETCカード

即日発行に対応した追加「ETCカード」を下記にまとめました。
お急ぎの場合は発行の参考にしましょう。

①最短翌日発行が可能の「etcカード」
例:エポスカード
②最短5営業日以内のetcカード
例:JCBエイトカード・Yahoo!カード
③最短7営業日以内のetcカード
例:ライフカード・楽天カード

本体クレジットカードに比べ発行が1〜2営業日遅れるのが特徴となっています。
カードの発行場所が本体カードとetcカードで異なるため、その分の時間差が生まれる、という事になります。
年会費1905円(税抜)を払って即日発行が可能なMUFG GOLDカードを条件をクリアして申し込むか、年会費が永久無料で5〜7営業日発行のjcbeitなどのetcカードに申し込むか、よく検討して申し込むのがよいでしょう。

etcカードを作成して今後どれくらい長く利用するか、それとも短期的にetcカードを発行・利用してその後に本体カードごと解約するか、そういった点もポイントになってきます。



スピード発行カード一覧 >

etcカードを選ぶポイント

etcカードを利用したい、という方は、即日発行以外にも様々なメリットがある事を知っておいたほうが、より賢くカード利用できますので、etcカード選びの決め手となる特典をこちらで紹介していきます。

見るべきポイントは下記になります。


①カードのポイント還元率
②海外旅行保険
③入会キャンペーン

◼︎①ポイント還元率について
クレジットカードとポイントは切っても切れない関係です。もちろんetcカードを利用しても、本体カードにポイントは貯まります。

カードを利用する事でポイントが貯まり、貯まったポイントで買い物ができる、という誰もが知っているこのポイント制度は、「還元率」を知る事でよりお得に・さらに有利に使いこなす事ができます。

通常のクレジットカードは還元率0.5%(1000円の利用で1ポイントの付与)です。還元率1.0%のクレジットカードがあれば、それは高還元のクレジットカードだと言えるでしょう。(1000円の利用で10ポイント付与・または100円の利用で1ポイント付与)

◼︎高還元率etcカードはこちら↓

①etc還元率1%のカード
例:JCBエイトカード・楽天カード
②etc還元率0.5%のカード
例:イオンカード・三井住友VISAカード

◼︎②海外旅行保険について
クレジットカードには付帯サービスとして、海外旅行保険が付いているものがあります。代表的なものは国際的なブランドと信頼がある三井住友VISAカードなどがあり、このカードは海外保険2000万円が付帯されています。

海外保険とは海外での事故による保障や怪我などによる入院費用・または盗難被害などにあった場合に適用されるサービスです。

海外保険でカードを選ぶ際には注意点があります。
海外保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。自動付帯はカードを申し込み、カードを手に入れればその時から保険が適用されますが、利用付帯はクレジットカードを旅行先で支払いなどに利用しないと、保険が適用されません。

海外保険でカードを選ぶ際は「自動付帯」か「利用付帯」かを注意して確認する事が大切です。

◼︎海外保険付帯のetcカードはこちら↓

①海外保険自動付帯のカード
例:JCBエイトカードエポスカード
②海外保険利用付帯のカード
例:三井住友VISAカード・楽天カード

◼︎③入会キャンペーンについて
クレジットカード発行会社の中には入会キャンペーンを頻繁に行っている会社があります。
有名なところでは楽天カードの入会でのポイントプレゼントなどがそれに当たります。

キャンペーン内容は様々で、ギフトカードプレゼントやキャッシュバックキャンペーンなどを行っているところもあります。キャンペーン額の大きさは時期によって異なりますので、お得な時期に合わせての入会をするのも、ひとつの方法となります。

また、入会キャンペーンを頻繁に行っているクレジットカードは、審査に通りやすい、といった特徴もありますので、カード審査に不安がある方は、入会キャンペーンを狙ってカード申し込みを行うのもよいでしょう。

◼︎現在キャンペーン中のカードはこちら↓

①ポイントキャンペーンカード
例:楽天カード
②キャッシュバックキャンペーンカード
例:JCBエイトカード
②ギフトカードプレゼントキャンペーンカード
例:三井住友VISAカード

etcカードを作る基準

etcカード自体には特典が付いているわけではないですが、
あくまでも本体カードに付帯されているサービスをよくチェックし、ご自身のカード利用の環境と照らし合わせて申し込む事が肝心です。

もしもすでに本体カードを持っていて、etcカードだけを追加発行したい、という方は、今お持ちの本体カードのサービスをもう一度よく確認しましょう。

足りない部分を補う、という意味でもう一枚サブカードとして新たにクレジットカードに申し込んでみるのも良いと思います。
年会費がかからないカードであれば、2枚持ち、3枚持ちをして、お得な場面でカードを使い分けるのも賢い方法になります。

etcカードの追加発行をお考えの方は、さらにお得にカードを使いこなすために、クレジットカードを選んでみる事をオススメします。

【当サイトおすすめ!】
年会費完全無料!最高還元率!期間限定3200円キャッシュバックキャンペーン中のおすすめetcカードはこちら←



スピード発行カード一覧 >

関連コンテンツ
◼︎etcカードを今日中に追加発行する方法
◼︎etcカードの審査について
◼︎審査がないetcパーソナルカードの申込みについて

様々なetcカード一覧
◼︎年会費無料カード一覧
◼︎ポイントが貯まるカード一覧
◼︎即日スピード発行カード一覧
◼︎ゴールドカード一覧
◼︎リボ払いカード一覧
◼︎海外旅行保険付きカード一覧
◼︎ガソリン利用でお得カード一覧
◼︎マイルが貯まるカード一覧
◼︎公共料金でお得なカード一覧
◼︎キャッシュバックカード一覧
◼︎学生専用のカード一覧