etcパーソナルカードの申込み手順

etcパーソナルカードに申込む条件とは?
etc_sinsa_01

etcパーソナルカードとは、クレジット機能の付いてないetcカードの事を言います。

通常のetcカードはご利用分の金額はクレジットの支払いからまとめて請求となっていますが、etcパーソナルカードの場合は、銀行口座からの引き落としとなりますので、予想以上に金額を使い込んでしまう、と言う事はありません。

クレジットカードの発行は気が引ける、と言う方や、クレジットカード発行の際の審査が不安だという方に人気のカードとなっています。クレジットカードをお持ちでない方も、申し込み可能です。申し込みは郵送のみの受付となっています。

etcパーソナルカードの発行金額

etcパーソナルカードはデポジットという形の発行金額がかかります。

申し込み後、デポジット(保証金)を担保としたうえで、ご利用した通行料金を、ゆうちょ銀行または銀行等の貯金口座や預金口座から1ヶ月単位で引落しとなります。デポジットはプリペイドカードのような前払金ではないので、通行料金支払いには利用できません。

■デポジット金額について
有料道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額(平均利用月額が10,000円未満の場合は10,000円とします。)の4倍の額または年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額のいずれか高い額がデポジット額になります。

■デポジットについて
デポジットとは保証金※1のことで、etcパーソナルカードの利用金額に対する高速道路会社の担保になります。

プリペイドカードのような前払金ではないので、通行料金支払いには利用できません。解約する場合は、所定の手続を経たうえで返金されます。
※1利用実績によってデポジット額が追加される場合があります。

etcパーソナルカードの注意点

etcパーソナルカードは最低でもデポジット金額が4万円かかります。
さらにそれ以外にも手数料(1200円)がかかります。

かなり金額面でハードルが高いですが、それでもクレジットカードに申込む事に抵抗がある方には、etcパーソナルカードの発行をお勧めします。

etcパーソナルカードは、支払いの済んでいない利用金額の合計が、デポジット(保証金)の80%を超えると、カードの利用が停止されますので注意が必要です。

etcパーソナルカードを申込む前に

etcパーソナルカードはデポジット+手数料がかかります。

金額的に難しい方は、クレジットカードに付帯したetcカードに申込む事をお勧めします。クレジットカードなら発行手数料が無料の物が多く、さらに利用金額に付随してポイントが貯まったり、旅行保険が付帯したりと、お得な面が盛りだくさんですので、まずはクレジットカードの申し込み審査を受けてみる事をお勧めします。

etcカードが付帯した年会費無料のクレジットカードを紹介していますので、こちらを参考にクレジットカードを検討しましょう。どのカードも特典があり、当サイトが特にお勧めするカードとなっています。


◼︎年会費が無料のetcカードはこちら↓
①etcカード年会費無料のカード
JCB EITカードエポスカード
②etc年会費500円のカード
楽天カード(条件クリアで無料)
③etcカード発行料金1000円(税抜)のカード
VIASOカード・三井住友VISAカード

【当サイトおすすめ!】
年会費完全無料!最高還元率!期間限定3200円キャッシュバックキャンペーン中のおすすめetcカードはこちら←



おすすめetcカードbest10 >

関連コンテンツ
◼︎etcカードを今日中に追加発行する方法
◼︎etcカードの審査について
◼︎審査がないetcパーソナルカードの申込みについて

様々なetcカード一覧
◼︎年会費無料カード一覧
◼︎ポイントが貯まるカード一覧
◼︎即日スピード発行カード一覧
◼︎ゴールドカード一覧
◼︎リボ払いカード一覧
◼︎海外旅行保険付きカード一覧
◼︎ガソリン利用でお得カード一覧
◼︎マイルが貯まるカード一覧
◼︎公共料金でお得なカード一覧
◼︎キャッシュバックカード一覧
◼︎学生専用のカード一覧