etcカードの申込み方

本体カードをすでに持っている方のetcカードの申し込み方は?

本体カードをすでに持っている方のetcカード追加発行は、一昔前は申し込み用紙を取り寄せ、記入してから再度送り返して発行という流れでしたが、現在ではwebからの申し込みが可能となっているので、とても素早く便利に申込めるようになっています。

ほとんどのクレジットカード発行会社がwebからの申し込みを行っているので、自分のカード発行会社を確認し、ネットサービスにログインして発行手続きの流れを踏みましょう。

各発行会社・会員専用webサービス名一覧
三井住友カード
インターネットサービス「Vpass」
JCBカード
インターネットサービス「MyJCB」
ライフカード
インターネットサービス「LIFE-Web Desk」
楽天カード
インターネットサービス「楽天e-NAVI」
MUFGカード・UFJカード・NICOSカード
インターネットサービス「MUFGカードWEBサービス」
DCカード
インターネットサービス「DC Webサービス」
イオンカード
インターネットサービス「イオンクレジットサービス」
セブンカード
インターネットサービス「セブンカードWEBサービス(VISA)」
セブンカード※JCB
インターネットサービス「MyJCB」
出光カード
インターネットサービス「ウェブステーション」


本体カードを持っていない方のetcカードの申し込み方

etcカードはクレジットカードに付帯するカードです。

etcカードのみの発行をしたい方は、etcパーソナルカードという、etc専用のカードを発行する事もできます。但しetcパーソナルカードは有料なので、無料で発行できるクレジットカードと比べると、お得とは言えません。etcカードが欲しい方は、クレジットカードと一緒にetcカードを申込むのが通常の方法です。

クレジットカードの追加カードとは?

クレジットカードは申し込みと同時に、付属する事のできる付帯カードというものがあります。付帯カードは主に、etcカード・家族カード・電子マネー・マイルカード・プライオリティパスなどがあります。用途に合わせ、クレジットカードの申し込みを検討しましょう。

付帯カードは、年会費無料の物から、発行手数料がかかるもの、初年度のみ年会費がかかるもの、条件によっては無料になるものなど、様々です。

etcカードの使い方

etcカードは発行しただけでは使用できません。

車に搭載する車載器が必要になります。etc車載器はタイプにもよりますが、5,000円〜10,000円で購入できます。車載器をご自身の車に搭載し、etcカードを挿入して、高速道路のetcレーンで使用する事ができます。etcカードの挿し込み不良により、エラーが発生して料金所の開閉バーが開かないケースもあるので、高速道路で利用する前に必ずテストしてみましょう。

料金所直前でのetcカードの挿入は、エラーの原因になります。また、運転中のetcカードの抜き挿しは通信エラーの原因になるのでやめましょう。また、有効期限が切れたカードを挿入しても、車載器はエラーの反応はしませんが、レーンの開閉バーが開く事はありませんので、注意しましょう。

※注意
etcカードはクレジットカードと支払いが統合されます。防犯上の理由から、車から離れる時は車載器からカードを抜き取り、ドライバー自ら携行して常に持ち歩くようにしましょう。熱などの影響でカードが使用できなくなることもあります。

【当サイトおすすめ!】
年会費完全無料!最高還元率!期間限定3200円キャッシュバックキャンペーン中のおすすめetcカードはこちら←



おすすめetcカードbest10 >

関連コンテンツ
◼︎etcカードを今日中に追加発行する方法
◼︎etcカードの審査について
◼︎審査がないetcパーソナルカードの申込みについて

様々なetcカード一覧
◼︎年会費無料カード一覧
◼︎ポイントが貯まるカード一覧
◼︎即日スピード発行カード一覧
◼︎ゴールドカード一覧
◼︎リボ払いカード一覧
◼︎海外旅行保険付きカード一覧
◼︎ガソリン利用でお得カード一覧
◼︎マイルが貯まるカード一覧
◼︎公共料金でお得なカード一覧
◼︎キャッシュバックカード一覧
◼︎学生専用のカード一覧